国会議員であるい以上日本に命を投じられることを証明しろ

自民党小野田紀美参院議員34が5月19日、自身のツイッターフェイスブックに国籍についてのご報告として、米国籍の喪失証明書が届いたことを画像付きで投稿し、二重国籍状態が解消されたことを堂と公表した。一方、二重国籍問題を抱える民進党蓮舫代表は5月25日の記者会見で、戸籍謄本を公開する考えがないと改めて強調した。2人の対応には、政治家として天と地ほどの差を感じる。夕刊フジは小野田氏を直撃した。夕刊フジ

なぜ、蓮舫氏は戸籍謄本を公開しないのか。公人にプライバシーはない。それを主張するなら公人を辞めればよい

小野田氏は、こう言い切った。自身の二重国籍を認識して以降、必要な解消手続きを素早く、透明性を持って進めた自負があるようだ。

蓮舫氏は昨年9月の代表選の期間中、二重国籍が発覚した。日本国籍の選択宣言をしたと主張しているが、台湾籍離脱を含めた証拠となる戸籍謄本の開示は個人的な件として拒否している。

小野田氏は、蓮舫氏の態度に怒りを覚えるといい、続けた。

自民党本部からは戸籍謄本まで公開しなくていいといわれたが、私はそれでは国民の方の信用は得られないと思った。逆の立場なら、私は信用しない。国会議員である以上、日本に命を投じられることを証明しなければならない。私のように海外にルーツがある人間は当然です

そもそも、蓮舫氏は民主党政権下で二重国籍のまま行政改革担当相を務めた。国益に沿った判断がされたのか、疑問を持たれても仕方ない。

小野田氏は現在の国籍法と公職選挙法には、国籍に関する不備がある。国際結婚が増えるなか、二重国籍問題に直面する人は多くなる。こうした人が困惑しないよう制度改正に尽力していきたいと語っている。