スーパーなスーパー戦隊 7〜10

7位

【轟々戦隊ボウケンジャー

ボウケンジャーはデザインで言えばかなりダサい部類に感じる。かっこいいとは思えないしそれ以外の魅力も感じない。デザインに関してはね。

モチーフも自動車で愛着がわかない。さらに極めつけは、致命的なことに、冒険の意味を履き違えている。もともと嫌いな言葉でもある。

にもかかわらずなぜ40もあるスーパー戦隊の中でナンバー7という上位に漕ぎ着けているのか。それは、彼らが果てなき探検スピリッツをもっているからだ。そしてメンバー全員に共感できるという非常に稀有な存在(好きかどうかは別の話)。

あと、ランク外の戦隊に特に思い入れがなさすぎるというのもあるけど。

8位

百獣戦隊ガオレンジャー

ガオレンジャーは、メカのデザインと目的(地球に対する悪性のウイルスのような存在で命を持たないオルグと戦う)から言って、史上最も動物戦隊らしい動物戦隊だろう。最初に動物をモチーフとした太陽戦隊サンバルカンは本当にただモチーフにしてみただけだ。超獣戦隊ライブマンは「旧友と戦うこと」がテーマでありやっぱりストーリー的には動物である必要はない。鳥人戦隊ジェットマンも恋愛ドラマの要素を入れてみたりそもそもモチーフが鳥類に偏ったりと動物戦隊とは言いづらかったりする。星獣戦隊ギンガマンもモチーフは動物だけど異星の架空の怪物を相棒としており、動物戦隊に含めたくないね。獣拳戦隊ゲキレンジャーは中国拳法ありきだし、炎神戦隊ゴーオンジャーも半分は乗り物。動物戦隊ジュウオウジャーは名前もテーマもまあまあ動物だったけど、メカが立方体を前面に出しすぎていて曲線的な動物のイメージと違ってきているし、共存だの繋がりだとの言いつつ地球外生命体であるデスガリアンには容赦がない(防衛のためだからそれで良いのだけど、命を持たない敵と戦ったガオレンジャーと比べると気になる)。

二年目の制作が検討されるほど人気だったらしい。

ただ個人的にマスクがかっこ悪いと思うので好きな戦士はいない。パワーアニマルはだいたいかっこいい。

9位

光戦隊マスクマン

実は内容は全く知らない。オープニング曲すら知らない。ただマスクがかっこいい。さすがマスクマンと言うだけのことはある。たぶんデザインだけで言えば史上最高。たぶんモチーフは「かっこよさ」だろう。

10位

秘密戦隊ゴレンジャー

DVDで劇場版を確か2本と本編を6話分程度観た。

伝説のゴレンジャー。すべての戦隊を代表して戦う存在。

なんとなく雰囲気が好き。アクマイザー3を思い出す。ザビタンがアカレンジャー、イビルがアオレンジャー、ガブラと一平がキレンジャー、ジュンがモモレンジャー、名前忘れたけど少年がミドレンジャーだな。ダルニアはいない。

仮面ライダーV3宮内洋アオレンジャー)もいるし。でもデザイン的に好きなのはアカレンジャーキレンジャー。キャラ的にはミドレンジャーも好きだけど、色が濃すぎる。

そんだけ。