植毛手術による赤みを消失させる医療手段はありますか?

--------------------------------------------------------------------------

アメーバブログ美354

biglobe掲載日:2004/12/19

タイトル

植毛手術による赤みを消失させる医療手段はありますか?

テーマ皮膚科の病態形成外科の病態

--------------------------------------------------------------------------

お名前ゆうた

23歳男性です。

今から二年程前に眉毛の植毛手術を受けました。

その際医師には半年程で手術による赤みは消失するとの説明を受けました。

しかし、二年経った現在も眉の部位の皮膚が赤みを帯びており悩んでいます。

術後一年程で手術を受けた病院に相談行ったら、

手術による赤みは多少残るかもしれないと言われました。

このようなケースによる皮膚の赤みを消失する事、

あるいは赤みの消失を促進、赤みの緩和を行う医療手段が

貴院にはありますでしょうか?

あるとの回答が寄せられましたら、貴院での診察を検討したいと思います。

ご回答よろしくお願いいたします。

2004年12月19日2時42分26秒

------------------------------

山本クリニック世田谷

山本クリニック世田谷

山本クリニック世田谷

山本クリニック世田谷

山本クリニック世田谷

山本クリニック世田谷

山本クリニック世田谷

山本クリニック世田谷

山本クリニック世田谷

山本クリニック世田谷新規ホームページ

山本クリニック世田谷新規ホームページ

山本クリニック世田谷新規ホームページ

ご心配なことと存じます。

23歳男性です。

今から二年程前に眉毛の植毛手術を受けました。

その際医師には半年程で手術による赤みは消失するとの説明を受けました。

しかし、二年経った現在も眉の部位の皮膚が赤みを帯びており悩んでいます。

術後一年程で手術を受けた病院に相談行ったら、

手術による赤みは多少残るかもしれないと言われました。

このようなケースによる皮膚の赤みを消失する事、

あるいは赤みの消失を促進、赤みの緩和を行う医療手段が

貴院にはありますでしょうか?

あるとの回答が寄せられましたら、貴院での診察を検討したいと思います。

ご回答よろしくお願いいたします。との事です。

御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

まず治療戦略よりも病態概念として赤みを考えることから

始めてみたほうが宜しいと考えます。

顔面皮膚は大変デリケートなものです。

今から二年程前に眉毛の植毛手術を受けました。

その際医師には半年程で手術による赤みは消失すると

の説明を受けました。

しかし、二年経った現在でもまだ眉の部位の皮膚が

赤みを帯びており悩んでいます。

術後一年程で手術を受けた病院に相談行ったら、

手術による赤みは多少残るかもしれないと言われました。

との事です。

1年前から植毛手術後の赤みは出ていられたようです。

ここで大変重用な事は植毛手術に用いられる植毛毛は

人工産物であり自然にはえている毛とは根本的に

異なるものです。

だから植毛手術で植毛を受けられた場合

植毛毛に対する異物反応が必ずや多かれ少なかれ

どなたにも発赤腫脹疼痛の成分を含んだ症状症候

として発生致します。

御相談者の場合は発赤赤みのみである。

けれどもこの発赤赤みは植毛毛が存在することにより

発生した或いは今後も発赤赤みは存続し続ける可能性が

おおきい。

御相談者の植毛毛部位に対する

人工産物の植毛に対する異物反応としての発赤赤み

が病態の大きな位置を占めている可能性が否めません。

まず間違いないでしょう。

3に御記載した植毛に対する顔面皮膚の異物反応のとして

の炎症の症状症候があるであろうことは明らかでです。

3以外の手術そのものによる発赤赤みの成分もある可能性は

あります。

けれども御相談者の発赤赤みは

顔面皮膚の異物反応である可能性が大きいから

植毛手術による植毛毛が存在する限りは。

単純な発赤毛細血管拡張を抑えるレーザー外科その他ありとあらゆる

手段を用いても。

植毛手術による植毛毛が存在する限りは

発赤赤みは消えてもまた再発すると今の私は考えます。

適切な表現が思い浮かばないのですが

ピアストラブルの金属アレルギーと同じく

異物反応の一種と考えます。

5結論

このようなケースによる皮膚の赤みを消失する事、

あるいは赤みの消失を促進、赤みの緩和を行う医療手段が

貴院にはありますでしょうか?

御座います。

けれども御相談者の場合には

植毛手術による植毛毛に対する

顔面皮膚の異物反応による発赤赤みと

考えられるから。

植毛毛が存在する限りは発赤赤みは

常に再発するであろうと今の私は考えます。

頭髪の植毛手術を受けられたかたなども

常にうっすらと発赤赤みがあり皮膚の異物反応を

おこされていることが判ります。

御相談者の場合植毛手術に当然つき物の

顔面皮膚の異物反応による発赤が考えられるから。

どのような材質のものをどのくらい深部まで

植毛されたかこれだけは植毛手術をされた先生にしか

わからないことだから。

植毛手術で植えた植毛毛を

植毛毛を受けられた先生にて摘出していただくのも

方法。

5をされてまだ発赤赤みがあるようであれば

レーザー外科にて発赤赤みをとる手段は御座います。

お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃったことと存じます。

何か勿体無い気が致します。

世田谷山本クリニック世田谷の公式ホームページ

としては