平手の怪我と握手会中止と漢字欅武道館中止の謎欅坂46

こんにちは、まったりです。

平手が右腕上腕三頭筋の損傷をしたそうですが、それと握手会中止は関係があるのか気になります。

損傷したタイミングが紅白歌合戦だという人もいますが、どうでしょう?

現時点ではその可能性が一番高いですが、ならば何故握手会中止の時点で理由を書かなかったのか。昨日急に中止になったのではなく、1月8日にも中止していたのです。怪我なら理由を書けたはずです。

しかももっと早い段階で怪我が分かっていたのなら、昨日の夜中まで武道館をどうするか、マネパ先行をどうするのか話し合う必要はなかったでしょう。

昨日は珍しくマネパの当落発表がかなり遅れていて、武道館についてもどうするかを夜中まで話し合っていたことがわかります。

実際に漢字欅の武道館中止は夜中に告知されました。

つまり運営にとっても緊急事態だったのではないでしょうか?

1月8日に平手が握手会を欠席していますが、その後も他のメンバーたちは武道館をやるつもりのブログを書いています。

つまり、1月8日の握手会中止は怪我ではなくて、別の仕事に行っていた説が浮上してくるのです。

そうなると、握手会を休むほどの仕事は映画くらいしか思い当たりません。

怪我をしたのは1月13日(昨日)の撮影中という可能性があり(映画の噂が事実だと仮定した場合の話です。響はかなり動くので。)、他のメンバーが握手会にいっている間、違うところで仕事をしていた平手が負傷運営とメンバーそれぞれが夜中まで話し合ったという流れが予想されます。

何はともあれ、映画の内定が取り消しになっていないか心配です。怪我が治るのは1か月後ということなので、映画の今秋公開に間に合うかどうかは微妙。怪我していても撮れるところだけ先にとるなど、配慮してくれてると嬉しいのですが。

(本当に響は平手にとってはまり役だと思います。)

平手の肉体面精神面が心配で、更に他のメンバーの心中も気になります。

振替で一月後平手の怪我がなおってからライブをやると信じているので、それまでは忍耐力を試されますね。